【その他】の記事一覧

見ればよく分かる 不動産会社の選び方。。
敷居が高く、なかなか違いが分かりにくい不動産会社。

①資格と経験期間。
 高額なものなのに実は資格(宅地建物取引士)を持った人は従業員5人に対して1人いればいいのです。本当は資格は最低限の知識として必要なもので、実際の仕事としては、そこからがスタートです。個別の様々な経験により実務を知る事でお客様に安心した取引が可能となります。不動産は隣り合っていても本当は一つ一つ条件が違います。その差や良い部分と悪い部分の両方をしっかり説明出来るのが理想です。
・こんな質問をしてみましょう
 不動産取得税ってどんな物件だとかかりますか?
  × この物件はかかりません(かかります) ⇒ 質問と…
土地建物1900万円、 諸経費・オプション200万円
合計 2100万円の物件を購入した場合
フラット35」とは昔の住宅金融公庫のような国が主導する住宅ローンです。現在は住宅金融支援機構が取り扱っていますが、実際にはほとんどの銀行や信用金庫、その他のモーゲージバンクなどでご利用いただけます。長期固定金利型の住宅ローンの為、長期にわたるライフプランが立てやすくなります。保証料が掛からないのが特徴ですが、その分、金融機関により、金利や手数料に差があるので注意が必要です。
フラット35S」は、建物の省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度(マイナス0.25%)です。
Aタイプは10年間、Bタイプは5年間マイナス0.25ととな…
いよいよ消費税の増税のことを考えなければならない時期となってきました。
実際には2019年の 10月に 10% となる予定です。
注文住宅の場合は完成まで時間が掛かる上に、金額も大きいので
その影響はとても大きいものとなります。
建売住宅などのような「売買契約」の場合は
原則「引渡し日」の税率が適用される事となります。
しかし、注文住宅のような「工事請負契約」の場合は前回8%へ上がった時と同様であれば
経過措置が適用される予定です。
ケースは3パターンが想定されます。
たとえば
2019年4月1日【指定日】の前日までに締結した請負契約では
2019年10月1日【施行日】以後に引渡しを行なう場合でも
8%の税率が適用される予…